脳梗塞の対策~治療方法を知るなら任せなサイト~

梗塞を起こしてしまった後

脳

液体で満たされている

やけどや外傷を負って皮膚に傷跡が残ることは誰でも経験しています。かさぶたが取れれば完治したことになりますが、脳梗塞が起きてしまって神経細胞が抜け落ちてしまったときその場所が大きな病変になっていればそこは空洞ができている状態になっています。空洞といってもそこには水様の透明な液体が入っていてその部分は脳細胞がないことになります。病変が小さかったとこには空洞にはならないことが多いのですが、神経機能のない細胞によりその病変部分は埋められることになります。脳梗塞が治ったと聞くと病変部が完全に消えてしまったと思いがちですが、体の麻痺は残ってしまうことになります。病院では脳梗塞の患者が脳内の壊死した部分が液体で満たされたときに慢性期と呼んでいます。

脳移植も視野に

日本ではまだ脳の移植の医療がまだできてはいません。外国では脳梗塞で組織に欠損ができてしまった部分に脳を移植しようという試みが試されています。移植を行う脳は成人のものではなく胎児の脳の一部分を利用します。パーキンソン病では、病変にあたる部分に胎児の脳を移植する手術が何か国かで実施されており一定の効果があることが証明されています。脳梗塞ではどのような効果が出てくるのか期待されています。脳梗塞の治療は血栓をいち早く取り除くことが最重要で血栓を溶かしてしまう薬品も出ています。これも何時間以内に投与という制限がかかっている薬品で時間との勝負になっています。脳梗塞を起こしてしまっても細胞の移植で体の麻痺が改善するならば移植も選択肢の一つになってきます。心筋梗塞の対策方法も把握しておきましょう。

早期発見できるか否かです

脳

脳梗塞の治療は無症状か、本発症から間もないか、本発症から1カ月以上経つかで変わってきます。ただ、脳梗塞は死に至るもしくは後遺症が残りやすい病気です。したがって、前兆があるうちに気付いたり、脳ドックを頻繁に受けるといったことが大切になります。

前兆に気づく

man

心臓に異変を感じたら、心筋梗塞の可能性もあるため、早めに対策するといいでしょう。心筋梗塞を予防するためには食事や生活習慣に気をつける必要もあります。心筋梗塞の前兆を把握しておきましょう。

どのように防ぐか

man

原因の分からない病気だからこそ、症状に気づくことが大切です。脳梗塞も原因の分からない病気のため、症状の兆候がみられたら早めに治療することが大切です。少ないリスクで治療することも可能です。